ジェイソン・キッドHC 来季はバックスを指揮!

【スポンサーリンク】

ジェイソン・キッドHC

現役引退直後の2013-14シーズンからブルックリン・ネッツのヘッドコーチを務めたジェイソン・キッドだが、来季からミルウォーキー・バックスを率いることになった。

情報筋によると、キッドHCはネッツに対してサラリーのアップを求めていたが、これが受け入れられなかったため、バックスへの移籍を決断したとのことだ。

すでにキッドHCとバックスは契約合意に至っており、ネッツはバックスから2つのドラフト2巡目指名権(2015年と2019年)を獲得する。

ネッツは新たなヘッドコーチを探すことになるが、現在のところライオネル・ホリンズが筆頭候補で、その他にマーク・ジャクソン、ジョージ・カールの名が挙がっている模様。

バックスには成長過程にある選手が多く、今年のドラフトではジャバリ・パーカーを獲得している。

パーカーはNBAを牽引する選手に成長する可能性が高いため、キッドHCには大きな責務が課されることになるだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    何かちょっとキッドのイメージが悪くなる様なニュースだなと個人的に思っちゃいましたね(・ω・)ノ選手時代にもちょっと奇行に走るシーンも見たりしましたが去年のレイカーズ戦の時のHit Me事件も話題になりましたし(・ω・)ノ監督としてはどうなんだろう?と思うような人物です…(・ω・)ノジャバリなどの育成もきちんとできるかどうか…(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      ネッツでHCをしていたときは周りのスタッフが優秀とも言われてましたよね(^_^;
      バックスで真価を問われることになりそうです!

*

CAPTCHA