負傷退場のヨナス・バランシウナス X線検査結果は“ネガティブ”

【スポンサーリンク】

ヨナス・バランシウナス

日本時間5日に行われた対オクラホマシティ・サンダー戦で、トロント・ラプターズの先発センター、ヨナス・バランシウナスが鼻を負傷し、途中退場した。

第2Qでスティーブン・アダムスの肘を顔面に食らって負傷したバランシウナスは、試合後にX線検査を受けた模様。

tsn.caの記者によると、X線検査の結果はネガティブだったという。

日本時間6日にロードで行われる対ボストン・セルティックス戦には帯同するようだが、現在は毎日様子を見る状態とのことだ。

なお、この試合ではサンダーのアンドレ・ロバートソンも右膝を負傷し、途中退場している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA