スタン・バン・ガンディHC「この12カ月でステップアップした」

【スポンサーリンク】

今季33試合を終えた時点でデトロイト・ピストンズは18勝15敗を記録し、イースタン・カンファレンス9位につけている。

この状態を続けることができれば、シーズン終盤にはプレイオフ進出争いに加わっていることだろう。

そして、スタン・バン・ガンディHCはチームが着実にステップアップしていると確信しているようだ。バン・ガンディHCのコメントをnba.comが伝えている。

「この12カ月で、我々は明らかにステップアップした。ロスターを調整してきて、今はコートでフィットするユニットを手にすることができた。このチームにはすごく良い感覚があるんだ」

ピストンズは昨年夏にグレッグ・モンローを失ったものの、マーカス・モリスやアーサン・イリヤソバを新たに加えることに成功した。

また、ルーキーのスタンリー・ジョンソンの活躍も見逃せない。

さらにアキレス腱を断裂するまで先発ポイントガードを務めていたブランドン・ジェニングスも復帰し、ロスターは充実してきている。

それだけに、バン・ガンディHCは今のピストンズに手応えを感じているのだろう。

タイトル獲得争いに加わるだけの戦力ではないかもしれないが、今後さらに成熟することで、名門チームとして復活を遂げる可能性も十分ある。

名将バン・ガンディHCの手腕に期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA