キャブス 現役引退発表のモー・ウィリアムスをトレードか?

【PR】

クリーヴランド・キャバリアーズのベテランポイントガード、モー・ウィリアムスは先日、現役引退を正式発表した。

だが、キャブスとの契約はあと1年残っている。

つまり、ウィリアムスはキャブスのロスターに登録されている状態であり、プレイしない選手に対して賃金を支払わなければならない。

解雇したとしても、220万ドルの支払い義務は残ったままだ。

ラグジュアリータックスの問題を抱えるキャブスだが、節税の一環として、ウィリアムスのトレードを検討しているという。

だが、すでに現役引退を発表し、手術を受けたばかりのウィリアムスのトレードに応じるチームはないだろう。

そこで浮上しているのが、ガードのジョーダン・マクレーとパッケージにしてトレードするという噂だ。

マクレーはプレシーズンでチームを牽引する働きを見せたため、獲得に興味を示すチームも現れるかもしれない。

長年の功労者であるウィリアムスに対し、キャブスはどのような対応をとるのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読