【スポンサーリンク】

NBA 各チームに不適切ツイートを控えるよう勧告

NBAの各チームやプレイヤーたちはTwitterなどのSNSを利用し、情報を発信している。

ファンとのコミュニケーションツールとしても役立っているTwitterだが、時としてチームとプレイヤー、もしくはプレイヤー同士の言い争いに発展するケースがあることも事実だ。

NBAはこの事態を重く受け止めているのかもしれない。

ESPNによると、NBAは全30チームに対し、ソーシャルメディアを通して敵対するチームやレフェリーなどの嘲笑しないよう勧告したという。

Twitter上でのプレイヤー同士の言い争いは注目度が高く、それを楽しみにしているファンもいるかもしれないが、今後はあまり見られなくなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA