ルーク・ウォルトンHC オフィシャル批判で罰金処分

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・レイカーズのルーク・ウォルトンHCは先日のサンアントニオ・スパーズ戦終了後、ファウルがあったのにコールしなかったとし、オフィシャルを強く批判した。

これにより、リーグがウォルトンHCに罰金処分を科したようだ。

ESPNによると、リーグは公の場でオフィシャルを批判したウォルトンHCに対し、1万5000ドルの罰金処分を科したという。

ウォルトンHCは罰金覚悟で発言するとしていたため、これは想定内のことだろう。

なお、ヒューストン・ロケッツ戦ではロケッツが30本のフリースローを放ったのに対し、レイカーズは18本。

スパーズ戦ではスパーズが38本のフリースローを放ったのに対し、レイカーズは26本に終わった。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA