ザック・ラビーン 足首捻挫で2~4週間離脱へ

【スポンサーリンク】

シカゴ・ブルズのザック・ラビーンが、少なくとも年内のゲームはすべて欠場することになった模様。

RealGMによると、ラビーンは足首の内側靭帯を捻挫し、2~4週間程度離脱する見込みだという。



ブルズは現在、7勝24敗でイースタン・カンファレンス最下位。

ラビーンの離脱により、さらに厳しい状況を強いられることになりそうだ。

なお、ブルズは来年夏にスーパースター獲得を狙うと噂されており、今季は若手プレイヤーたちにとってオーディションの意味も持つシーズンとなっている。

今季のラビーンは28試合に出場し、平均35.3分のプレイで23.8得点(キャリアハイ)、4.9リバウンド(キャリアハイ)、4.8アシスト(キャリアハイ)、1.1スティール(キャリアハイ)、FG成功率45.0%、3P成功率32.6%(キャリアワースト)を記録。

キャリアを通してミネソタ・ティンバーウルブズとブルズでレギュラーシーズン通産省58試合に出場し、平均29.4分のプレイで15.1得点、3.2リバウンド、3.4アシスト、0.8スティール、FG成功率43.9%、3P成功率36.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA