【スポンサーリンク】

ビル・カートライト ニックスのコーチングスタッフ入りか?

フィル・ジャクソンがニューヨーク・ニックスの球団社長に就任したことで、来季のニックスはトライアングル・オフェンスを採用すると言われている。

先日、ジャクソンはニックスのコーチ陣を解雇し、トライアングル・オフェンスを熟知しているスタッフを探しているのだが、ヘッドコーチの最有力候補として挙げられているのが、かつてシカゴ・ブルズで3連覇を達成したスティーブ・カーだ。

そして、コーチ陣のひとりに同じくブルズで一時代を築いたビル・カートライトの名が候補に挙がっている。

情報筋によると、ジャクソンとカートライトがコーチ陣についての話し合いを行ったという。

ブルズでアシスタントコーチの経験もあるカートライトだが、ニックスでカーのアシスタントとして働く可能性があるようだ。

なお、カーがフェニックス・サンズのGMを務めていた頃、カートライトはサンズのアシスタントコーチに就いていた。

もしそれが実現するなら、マイケル・ジョーダンがオーナーを務めるシャーロット・ボブキャッツ(来季はホーネッツにチーム名変更)との対決に注目が集まりそうだ。

ちなみに、カートライトは2012-13シーズン、日本のbjリーグに所属するチーム(大阪エヴェッサ)のヘッドコーチを務めたキャリアを持つ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA