【スポンサーリンク】

ガンと闘う人種差別発言のドナルド・スターリン 

人種差別発言でNBAから永久追放処分等を言い渡されたロサンゼルス・クリッパーズのオーナー、ドナルド・スターリンが、ガンに侵されていると報じられた。

NBAは今後、スターリンに対してクリッパーズの売却を強制すると見られているが、一部ではスターリンが法廷闘争へ持ち込む可能性があるとも伝えられている。

だが、ガンが原因となり、法廷闘争まで発展しない可能性もあるようだ。

情報筋によると、80歳になるスターリンは前立腺がんを患っているという。

不運としか言いようがないが、ガンと人種差別発言はまったく別の問題だ。

NBAがスターリンの健康問題に同情し、対応を緩めないことを祈りたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA