【スポンサーリンク】

バイロン・スコットHC「ロサンゼルスはまだ紫と金色の街」

ロサンゼルス・レイカーズとロサンゼルス・クリッパーズ、どちらのチームがロサンゼルスの顔と呼べるチームだろうか?

かつてはレイカーズ一色だったロサンゼルスの街も、今ではクリス・ポールやブレイク・グリフィンらスター選手擁するクリッパーズの街へと変わりつつあるのかもしれない。

だが、レイカーズのヘッドコーチに就任したバイロン・スコットは、ロサンゼルスは今でもレイカーズの街だと思っているようだ。

「ロサンゼルスはまだ紫と金色の街なんだ。今後2年でそれを証明して見せる」

ここ数年の実績でいえば、ロサンゼルスはクリッパーズの街になったと言っても過言ではない。

だが、両チーム史上の対戦成績はレイカーズが144勝56敗でリードしている。

果たしてスコットHC率いるレイカーズは今後2年で強豪チームへと復活することができるのだろうか?

スコットHCの手腕とレイカーズの復活に期待したい。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    2014-2015の来季じゃなくて2015-2016の再来季なら再建はほぼ出来てると思ってます(・ω・)ノ来季はドラフトでまた上位指名選手の獲得か、有力FAの勧誘を頑張って欲しいですね(・ω・)ノそれと、ランドルやクラークソンの若手の育成やコービーの使い所、HCが変わったのだ戦術面の調整などスコットHCにはやる事がたくさんですね(・ω・)ノ幸い来年にナッシュ、ブーザー、ウェズリー、ヘンリー、リン、との契約が切れますのでその分のサラリーで大物を呼ぶことも可能ですし、活躍した選手とはまた再契約できる分のサラリーはありますし(・ω・)ノ

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      確かに2015-16シーズンに焦点を当ててそうですよね。
      となると、ニックスとの争いも面白そうです。

*

CAPTCHA