【スポンサーリンク】

マリク・ビーズリー ナゲッツの3年延長契約オファーを拒否

マリク・ビーズリー ナゲッツの3年延長契約オファーを拒否

デンバー・ナゲッツのマリク・ビーズリーにとって、キャリア3年目となった昨季は飛躍のシーズンだった。

出場機会が激増し、チームの主力のひとりに成長したビーズリー。

ナゲッツもビーズリーにさらなる成長を期待し、延長契約をオファーしたようだが、ビーズリーは制限付きFAになる来年夏を待ち、より有利な契約を狙うようだ。

hoopsrumors.comによると、ルーキースケール契約最終年を迎えるビーズリーはナゲッツからの3年3000万ドルの延長契約オファーを拒否したという。

ビーズリーのエージェントは、レブロン・ジェイムスやアンソニー・デイビスなどNBAスターたちをクライアントに持つクラッチスポーツ社のリッチ・ポールだ。

来年夏により有利な契約を勝ち取るため、ビーズリーとしては安定したパフォーマンスでナゲッツに欠かせないプレイヤーであることを証明したいところだろう。

なお、昨季のビーズリーはレギュラーシーズン81試合に出場し、平均23.2分のプレイで11.3得点(キャリアハイ)、2.5リバウンド(キャリアハイ)、1.2アシスト(キャリアハイ)、FG成功率47.4%(キャリアハイ)、3P成功率40.2%(キャリアハイ)を記録。

キャリア3年ではレギュラーシーズン通算165試合に出場し、平均15.9分のプレイで7.2得点、1.7リバウンド、0.8アシスト、FG成功率46.1%、3P成功率38.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA