【スポンサーリンク】

アーロン・ブルックス アキレス腱断裂で現役引退か?

アーロン・ブルックス アキレス腱断裂で現役引退か?

ベテランポイントガードのアーロン・ブルックスは、ミネソタ・ティンバーウルブズでプレイした2017-18シーズンを最後にNBAゲームから離れている。

今季もNBAチームからオファーをもらえず、オーストラリアのチームと契約したブルックス。

だが、34歳のブルックスがプロとしてバスケットボールコートに立つことはもうないのかもしれない。

ブルックスはアキレス腱を断裂したシーンをInstagram上にアップし、チームとバスケットボールに対する感謝を表すとともに「人生のセカンドフェーズの始まりだ」と投稿した。

https://www.instagram.com/p/B4JhaVxn_Vg/

ブルックスは2007年のドラフト26位指名でヒューストン・ロケッツに入団。

キャリア3年目はMIPに輝いたものの、ロケッツを離れて以降は移籍を繰り返していた。

なお、ブルックスはNBAキャリア10年を通してロケッツ、フェニックス・サンズ、サクラメント・キングス、デンバー・ナゲッツ、シカゴ・ブルズ、インディアナ・ペイサーズ、ウルブズでレギュラーシーズン通算645試合に出場し、平均20.8分のプレイで9.7得点、1.7リバウンド、3.0アシスト、FG成功率41.3%、3P成功率37.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA