【スポンサーリンク】

スペンサー・ディンウィディ ニックス戦は「歴史的なひどさ」

スペンサー・ディンウィディ ニックス戦は「歴史的なひどさ」

ブルックリン・ネッツは現地26日、ライバルチームであるニューヨーク・ニックスと対戦し、完敗を喫した。

ネッツを牽引しているスペンサー・ディンウィディが孤軍奮闘したものの、一時は23点のビハインドを強いられるなど、再建中のニックス相手に手痛い黒星を見舞われたネッツ。

ディンウィディもかなりのストレスを感じていたのかもしれない。

ディンウィディはニックス戦について次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「俺たちは本当に、本当にひどかった。バカバカしくなるほどだった。俺たちのショットは本当にひどかった。おそらく歴史的なひどさだろうね」

この日のネッツはFG78本中21本、成功率はわずか26.9%にとどまった。

この成功率は、1950年以上ワーストの記録だという。

カイリー・アービングとケビン・デュラントを欠き、タフな戦いを強いられているネッツ。

次のヒューストン・ロケッツ戦までに修正したいところだ。

なお、1950年のフォートウェイン・ピストンズとミネアポリス・レイカーズの試合ではそれぞれFG4本の成功にとどまり、19対18のスコアで終わったという。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA