【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスが自身への批判に対する対処法を明かす

スーパースターのレブロン・ジェイムスはクリーブランド・キャバリアーズからマイアミ・ヒートへ移籍した2010-11シーズン、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュと共にチームをNBAファイナル進出に導いたものの、タイトルをもたらすことはできなかった。

ダーク・ノビツキー擁するダラス・マーベリックスとファイナルで対戦したキャブスは、第6戦の末に敗退。

ジェイムスはジェイソン・テリーのディフェンスに苦しめられ、第4戦ではわずか8得点に抑えられたわけだが、特に古巣キャブスファンはジェイムスの失敗を喜んだ。

他にも多くの批判にさらされてきたジェイムスだが、大ベテランはこれらの批判に対処する思考を確立しているようだ。

ジェイムスはファイナルでマブスに敗れた当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

結局のところ、僕の失敗を喜んでいた人々は皆、翌朝起きてまた同じ生活を送る。

人柄も変わらない。

僕は自分が生きたいように生き、やりたいことをやり続ける。

彼らは数日もしくは数カ月は僕の失敗とマイアミ・ヒートが目標に届かなかったことを喜ぶかもしれないね。

たが知っての通り、彼らはどこかの時点で現実に戻らなければならないのさ。

数多くの批判を浴び続けながらもファンへの愛を失わず、常に高いレベルのパフォーマンスを見せているのは、こういったメンタルコントロールが影響しているのだろう。

なお、マブスとの2011年ファイナルのジェイムスのスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦第6戦
出場時間45:1539:3745:1545:4345:3840:21
得点24201781721
リバウンド9839104
アシスト5497106
スティール142201
ブロックショット010011
ターンオーバー154446
FG試投数161514111915
FG成功数986389
FG成功率56.3%53.3%42.9%27.3%42.1%60.0%
3P試投数574345
3P成功数421002
3P成功率80.0%28.6%25.0%0%0%40.0%
フリースロー試投数244424
フリースロー成功数224211
フリースロー成功率100%50.0%100%50.0%50.0%25.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA