【スポンサーリンク】

マジック アーロン・ゴードンのトレードを議論?

現地2日の時点で21勝28敗を記録しているオーランド・マジックは、プレイオフ圏内であるイースタン・カンファレンス8位につけている。

だが、より上位を目指すためにもロスターの再編成に踏み切るかもしれない。

clutchpoints.comによると、マジックはアーロン・ゴードンのトレードを議論しているという。

見返りが大きければトレードに応じるとも報じられているが、そうでなければシーズン後半もマジックでプレイすることになるであろう。

キャリア6年目の今季は低迷し、期待されたパフォーマンスを見せることができていないゴードン。

とはいえ、リーグ屈指の身体能力を誇るプレイヤーであるだけに、ゴードンを求めるチームは現れそうだ。

なお、今季のゴードンは43試合に出場し、平均31.7分のプレイで13.5得点、7.1リバウンド、2.8アシスト、FG成功率41.9%(キャリアワースト)、3P成功率29.8%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算384試合に出場し、平均28.3分のプレイで12.6得点、6.3リバウンド、2.2アシスト、FG成功率44.6%、3P成功率31.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA