【スポンサーリンク】

マイケル・ビーズリー「ケビン・デュラントがここまでビッグになるとは」

2008年のドラフト2位でNBA入りしたマイケル・ビーズリーにとって、スーパースターのケビン・デュラントは大切な友人のひとりだ。

幼少時代から共に過ごし、共にNBAプレイヤーになるという夢を実現させたビーズリーとデュラント。

だが、デュラントがNBAを代表するスーパースターになるとは、デュラントと長く過ごしたビーズリーにも予想できなかったようだ。

ビーズリーによると、デュラントは今のような勝負強さを昔から見せていたものの、世界トップクラスのプレイヤーになるとは思っていなかったという。

ビーズリーはデュラントについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

リバウンドからKDにパスを出すと、彼は今やっていることと同じようなことをしていた。

ケビン・デュラントがNBAに行くと分かったのは、それが初めてだった。

今では誰もがKDと呼ばれるケビン・デュラントのことを知っているけれど、彼はその前から自分のことをKDと呼んでいたんだ。

彼はこれほどビッグになるとは思っていなかったよ。

彼はいつだってスペシャルなのさ。

デュラントは幼少時代からスキルを磨いていたため、あのサイズでガードプレイヤー並のボールハンドリングを持っているという。

昨季のファイナルでアキレス腱を断裂し、復帰へ向けて懸命なリハビリを続けているデュラント。

復帰は来季からになる見込みだが、これまで通り圧倒的なパフォーマンスを見せ、ブルックリン・ネッツをタイトルコンテンダーに引き上げてくれるだろう。

一方、現在中国リーグのチームに所属しているビーズリーにもNBA復帰を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA