【スポンサーリンク】

デイミアン・リラードとポール・ジョージのビーフの決着は?

デイミアン・リラード擁するポートランド・トレイルブレイザーズは現地8日、今季のNBAチャンピオン候補であるロサンゼルス・クリッパーズと対戦し、117-122で敗れた。

ブレイザーズにも勝利のチャンスはあったものの、リラードは決めれば同点となるフリースローを2本ともミス。

これが響きブレイザーズは白星を逃してしまったが、リラードがフリースローを外した時、クリッパーズのベンチではパトリック・ビバリーが転げ落ちるほど笑い、リラードのミスを喜んでいた。

また、ポール・ジョージもミスしたリラードに「バイバイ」と手を振る仕草をしたというが、これらを巡ってビーフが繰り広げられている。

fadeawayworld.netによると、リラードの「僕は以前、(パトリック・ビバリーを)家に送り返した。昨季のプレイオフ、ポール・ジョージを家に送り返した」、「僕は彼らに苦難をもたらしてきたから、リスペクトの表れだ」などというコメントが取り上げられると、ジョージとリラードはその後、SNS上で次のようにビーフを繰り広げたという。

ポール・ジョージ:
「今季は君が家に送り返されるだろう。リスペクト」

デイミアン・リラード:
「チームを変え続けろ。困難から逃げろ。君たちはチンピラだ」

ポール・ジョージ:
「僕は最初のチームの時に君より多く成功した。デイムタイムは時間切れだ」

リラードはブレイザーズ一筋のキャリアを送っている一方、ジョージはインディアナ・ペイサーズのフロントオフィスに不満を感じてトレードを要求し、オクラホマシティ・サンダーへ移籍。

そして昨年夏、NBAチャンピオンを求めてクリッパーズに移籍した。

リラードとジョージはどちらもNBAを代表するスーパースターだが、所属するチームをNBAファイナルに導いたことはない。

このビーフの決着はぜひ今季のプレイオフでつけてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    良いねぇ…こういうのおもしれぇわ。まぁ最後にゃデイムが勝つけどな。

  2. By 匿名

    リラードの訳、せいぜいチームを変え続けて努力することから逃げてろよ、マヌケ、みたいな意味だと思います。

    チームを変え続けろではないかと

*

CAPTCHA