【スポンサーリンク】

エネス・カンター「2016年のサンダーは優勝できた」

ケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルックを擁した2015-16シーズンのオクラホマシティ・サンダーには、タイトル獲得のチャンスがあった。

ファーストラウンドでダラス・マーベリックスを、カンファレンスセミファイナルでサンアントニオ・スパーズを下し、王者ゴールデンステイト・ウォリアーズとのカンファレンスファイナルを迎えたサンダー。

強力なラインアップを誇るウォリアーズ相手に3勝1敗と王手をかけた時、誰もがサンダーがNBAファイナルに進出すると考えていた。

だが、その後3連敗を喫し、まさかの敗退。

当時サンダーでプレイしていたエネス・カンターによると、ファイナルで対戦するはずだったクリーブランド・キャバリアーズを倒せる戦力がサンダーにはあったという。

カンターは当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

我々ならキャブスを倒すことができただろう。

(カンファレンスファイナルで)敗退した次の日、「我々はすべてを持っていたし、優勝できた」と思ったよ。

翌シーズンも同じようにやろうと思っていたんだ。

KDが去った時、僕の心は傷んだ。

もしKDが去らなければ、我々は優勝できていただろうね。

そう信じている。

カンファレンスファイナルでウォリアーズに敗れた後、デュラントはサンダーを去り、まさかのウォリアーズへ移籍した。

その後のサンダーとデュラントの関係は知ってのとおりだ。

もしサンダーがウォリアーズとキャブスを下し、NBAチャンピオンに輝いていたら、今も王朝は続いていたのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA