【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスが重視しているのは自身のレガシー?

レブロン・ジェイムスが重視しているのは自身のレガシー?

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、NBAにおいて最も影響力を持つスーパースターのひとりだ。

キャリアを通して社会貢献にも力を入れ、より良い社会の実現へ向けて尽力しているジェイムス。

だが、世界中に広がっている抗議活動ではなく、シーズン参加を優先させると報じられると、「黒人のコミュニティ最大のリーダーのひとりとして手本を示すべき」などと批判の声が集まっているという。

そんな中、イースタン・カンファレンスのある幹部が、ジェイムスがシーズン再開を優先させる理由について言及した模様。ESPNが伝えている。

レブロンは間違いなく再開後のゲームに参加するだろう。

なぜなら、それらのゲームが彼のレガシーにとてつもなく大きな影響があるということを知っているからね。

タイトルをもう1つか2つ獲得することが(GOATの)転換点になる可能性があることを分かっている。

それを目指すと決意しているのさ。

ジェイムスの元チームメイトであり、NBAを代表するスーパースターのカイリー・アービングは先日、今は抗議活動を優先すべきであり、スポーツの時ではないとした。

一方、ジェイムスはアービング主催のオンライン会議に出席せず、「バスケットボールを通して社会を改善できると信じている」との考えを持っていると報じられた。

レイカーズは今季のNBAチャンピオン最有力候補であり、もしレイカーズが優勝すれば、ジェイムスはマイアミ・ヒート、クリーブランド・キャバリアーズ、そしてレイカーズと3つの異なるフランチャイズをNBAチャンピオンに導いたことになる。

それが実現すれば、ジェイムスのレガシーはますます偉大なものとなるだろう。

今はどちらに傾いても批判と称賛を浴びる状況であるため、ジェイムスには自身の信じた道を突き進んでもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA