【スポンサーリンク】

マイケル・ポーターJrがナゲッツについて「うまくいっていない時に静かになる傾向がある」

マイケル・ポーターJrがナゲッツについて「うまくいっていない時に静かになる傾向がある」

デンバー・ナゲッツのマイケル・ポーターJrは、オーランドでのNBAシーズンで素晴らしいパフォーマンスを見せている。

ナゲッツにとって欠かせないベンチメンバーのひとりとなり、さらなる成長が期待されているポータJr。

そのポーターJrがナゲッツの改善点に言及した模様。

ポーターJrによると、ゲーム中は常に声を出し、コミュニケーションを取り続けなければならないという。ポーターJrのコメントをthe Denver Postが伝えている。

自分自身をゲームに巻き込むための大きな手段は、コミュニケーションをとることだ。

僕はチームメイトたちともっとうまくコミュニケーションをとるよう心がけているし、黙るつもりはない。

特にチームとしてうまくいっていない時、僕たちは少し静かになってしまう傾向がある。

僕たち全員がステップアップしなければならないし、声を使わなければならない。

常に同じページにいることを確認しなければならないんだ。

ポーターJrによると、ディフェンスが自身の弱点となっていることは理解しており、プレイオフ中にディフェンス面で最もステップアップした選手になることを目標のひとつにしているという。

サイズと身体能力があるポーターJrがさらに化ければ、ナゲッツにとって大きなオプションになるのは間違いない。

ロサンゼルス・クリッパーズとのカンファレンスセミファイナル第4戦では特にディフェンス面でステップアップした姿を見せ、チームを勝利に導きたいところだ。

なお、ポーターJrの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数5510
平均出場時間16.424.5
平均得点9.311.8
平均リバウンド4.77.2
平均アシスト0.80.7
平均スティール0.50.9
平均ターンオーバー0.91.2
FG成功率50.9%43.8%
3P成功率42.2%34.0%
フリースロー成功率83.3%72.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA