【スポンサーリンク】

ビリー・ドノバンHCがザック・ラビーンをベンチに下げた理由について「ただ良いプレイをしていなかっただけ」

ビリー・ドノバンHCがザック・ラビーンをベンチに下げた理由について「ただ良いプレイをしていなかっただけ」

シカゴ・ブルズのNBAスター、ザック・ラビーンは現地18日に行われたオーランド・マジック戦を終えた後、残り4分間をベンチで過ごしたことに不満を漏らし、指揮官のビリー・ドノバンHCの起用法に疑問を呈した。

この日のラビーンはFG14本中1本(成功率7.1%)、3ポイント5本すべてミスと精彩を欠いたため、試合終盤にベンチに下げられたのは当然かもしれない。

ドノバンHCによると、ラビーンは素晴らしいNBA選手だが、この日は他のラインナップが機能していたため、ラビーンをベンチに下げる決定を下したという。ドノバンHCのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

今夜の彼はシューティングに苦しんでいた。

あのラインナップ(アヨ・ドスンム、デマー・デローザン、ニコラ・ブーチェビッチ、アレックス・カルーソ、ジャボンテ・グリーン)は本当に戦っていたと思う。

僕はデマーを後半ずっとプレイさせたが、体力は問題なさそうだった。

ザックにとってはそういう試合だったということだ。

今日の彼は素晴らしいプレイをしていなかった。

偉大な選手でもそういうことはある。

彼はチームのことを本当に気遣ってくれている。

ただ良いプレイをしていなかっただけだ。

ドノバンHCによると、今回の件が長期的な問題になることはないという。

ラビーンはこの夏、ブルズと5年のマックス契約を結んだ。

それまでロサンゼルス・レイカーズへの移籍が噂されていただけに、今回の問題が尾を引けば再びレイカーズ移籍の噂が加熱するだろう。

とはいえ、ラビーンは精彩を欠いた自身のプレイを省み、次の試合に活かすに違いない。

なお、ラビーンのマジック戦のスタッツは以下の通りとなっている。

マジック戦
出場時間25:13
得点4
リバウンド5
アシスト2
スティール0
ブロックショット0
ターンオーバー1
FG成功率7.1%
(1/14)
3P成功率0%
(0/5)
フリースロー成功率100%
(2/2)
+/--19

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA