【スポンサーリンク】

ウォリアーズのNBAドラフト2位指名権を巡り29チームがトレードオファー?

ゴールデンステイト・ウォリアーズは今年のNBAドラフト2位指名権を保有している。

ウォリアーズはビッグマンの獲得を最優先事項としており、NBAドラフト2位でビッグマンを獲得する、もしくはNBAドラフト2位指名権をトレードで放出し、実績あるビッグマンを獲得する見込みだ。

現時点ではトレードで放出し、NBAで活躍しているビッグマンを獲得する方向に傾いているというが、他のNBAチームからすでにトレードオファーが届いている模様。

clutchpoints.comによると、ウォリアーズのドラフト2位指名権のトレード獲得を狙い、29チームから興味深いオファーが届いているという。

ウォリアーズはイスラエル出身のフォワードであるデニ・アヴディア、およびロサンゼルス出身のセンターであるオニエカ・オコングに興味を持っていると噂されている。

ドラフト2位指名権をトレードダウンしたとしても彼らを獲得できるチャンスがあるため、トレードに動く可能性は十分あるだろう。

約1週間後に迫った2020NBAドラフトでウォリアーズがどう動くのか、注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA