【スポンサーリンク】

Gリーグの2020-21シーズンはバブル開催?

NBAはGリーグ2020-21シーズンを中止せず、NBAと同じように制限付きで開催する方向で調整していると報じられている。

現在さまざまなプランが議論されているというが、バブルのような形で行うこともオプションのひとつとして検討されている模様。

hoopsrumors.comの記者によると、アトランタ周辺でバブルを形成し、Gリーグ2020-21シーズンを開催するオプションが議論されているという。

移動によるリスクを抑えるため、各Gリーグチームは練習もアトランタ周辺で行うというが、NBAと同じようにシーズンの試合数は減少することになるだろう。

また2020-21シーズンに限り、NBAチームと2ウェイ契約を結んでいる選手は移動によるリスクを避けるため、最大50試合までNBAチームに帯同できる。

つまり、NBAとGリーグは難しい運営を強いられる一方で、2ウェイ契約の選手にとってはチャンスを掴む大きな機会となるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA