【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルック ニックス戦黒星は「俺の責任」

ジェイムス・ハーデンとラッセル・ウェストブルック擁するヒューストン・ロケッツは現地2日、イースタン・カンファレンス13位のニューヨーク・ニックスに敗れた。

それまで6連勝中と波に乗っていただけに、ロードゲームであったとはいえ、ロケッツにとっては手痛い黒星だったのは間違いないであろう。

決めていれば同点となるジャンパーをミスとしたラッセル・ウェストブルックは、この敗戦に責任を感じているようだ。

ニックス戦終了後、ウェストブルックは次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「俺たちはビジネスを完璧にこなすつもりだった。それは俺から始まること。だから、俺の責任だ。俺たちを前に進めるために必要なプレッシャーをもたらすことができなかった。だから、この責任は俺が負い、次に備えるよ」

一時は20点差近いビハインドを負いながらも、怒涛の追い上げを見せたロケッツ。

スモールラインアップの弊害なのか、ニックスの65リバウンドに対し、ロケッツは34リバウンドに終わったことも、大きな敗因のひとつであろう。

ロケッツの次の対戦相手は強豪ロサンゼルス・クリッパーズ。

最後のショットをミスしたウェストブルックと、3P13本中3本にとどまったハーデンは、巻き返しを誓っていることであろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA