【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHCがフロッピングに反対の姿勢を明かす

スティーブ・カーHCがフロッピングに反対の姿勢を明かす

近年のNBAでは、フロッピングを多用する選手が増えている。

うまくいけば相手からファウルを引き出し、アドバンテージを得ることができるが、フロッピングについては「スポーツマンシップに反する」などという声も少なくない。

そんな中、ゴールデンステイト・ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCがフロッピングに言及した模様。

ゲームアナリストのドリュー・シラーによると、カーHCはフロッピングについて「フロッピングを取り除くだけで(NBAの)プレイの質を高めることができるだろう」とコメントしたという。

NBAでフロッピングが増えると、これからNBAを目指そうとしている若者たちはフロッピングを技術のひとつとして取り入れるだろう。

そうなると、数年後にはNBAにフロッパーが増えているかもしれない。

NBAは以前、フロッピングに対して罰金処分を科していたものの、今フロッピングについてどう考えているのか知りたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA