【スポンサーリンク】

ザック・ラビーンがデマー・デローザンとのケミストリー懸念について「まったく理解できない」

ザック・ラビーンがデマー・デローザンとのケミストリー懸念について「まったく理解できない」

シカゴ・ブルズはこのオフシーズン中に元NBAオールスターのデマー・デローザンやロンゾ・ボール、アレックス・カルーソなどを獲得し、NBAプレイオフ進出が期待できるロスターを構築した。

だが、ザック・ラビーンとデローザンのケミストリーを懸念する声も少なくない。

クラッチタイムでどちらがボールを持つのか、ラビーンが十分にボールを持てなくなるのではないかなど、さまざまな懸念があるというが、ラビーンはまったく意に介していない模様。

ラビーンはデローザンとのケミストリーの懸念について次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

まったく理解できない。

外野が作り上げたことさ。

僕たちの仕事はコートに出て、互いを理解することだ。

人間としても、バスケットボール選手としてもね。

同じ目的を持っていれば、バスケットボールコートでうまくいくのは簡単さ。

それは勝利だ。

ラビーンとデローザンは1on1からのスコアリングを得意としている。

それゆえにボールポゼッションが気になるところではあるが、トレーニングキャンプとプレシーズンを通して解決方法を見つけ、NBAプレイオフ進出に向けて互いに協力してプレイするだろう。

また、ポイントガードのボールには彼らをうまく使い分ける働きを期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA