【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「何日休もうが関係ない」

レブロン・ジェイムス「何日休もうが関係ない」

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは間もなく37歳になろうとしているにも関わらず、今もNBAトップレベルのパフォーマンスを維持している。

今季は怪我やNBAの健康と安全プロトコルによる離脱があり、すでに12試合を欠場しているジェイムス。

だが、ジェイムスによると、試合を何日離れようとパフォーマンスに影響が及ぶことはないという。

ジェイムスは自身について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

何日休みがあろうと関係ない。

僕はそう考えている。

出場時間が何分だろうと関係ない。

そういうことは考えない。

ネガティブな考えやネガティブなエネルギーを持つと、それが意識に影を落としてしまうんじゃないかな。

僕はこれまでと同じように若いよ。

ジェイムスの身体能力は、20代の頃と比較すると明らかに衰えが見られる。

だが、バスケットボールIQはますます高くなり、バスケットボール選手として完成形に近づいていると言えるだろう。

先日のオーランド・マジック戦では「息子のプレイに触発された」とし、トリプルダブルを達成したジェイムス。

果たしてジェイムスは何歳までNBAトップレベルのパフォーマンスを維持できるのだろうか?

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数161326
平均出場時間36.838.2
平均得点26.327.0
平均リバウンド6.17.4
平均アシスト7.17.4
平均スティール1.81.6
平均ブロックショット0.90.8
平均ターンオーバー3.83.5
FG成功率50.6%50.4%
3P成功率35.2%34.5%
フリースロー成功率76.7%73.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA