【スポンサーリンク】

トレイシー・マグレディがNBA75周年チームにアンソニー・デイビスが選出されたことに「茶番」

トレイシー・マグレディがNBA75周年チームにアンソニー・デイビスが選出されたことに「茶番」

NBAは先日、75周年を記念してNBA史上最も偉大な75選手を発表した。

マイケル・ジョーダンやコービー・ブライアント、レブロン・ジェイムスなど数々のスーパースターたちが順当に選出された一方で、NBA75周年チームに「値しない」と評価されている選手も少なくない。

元NBAスターのトレイシー・マグレディによると、アンソニー・デイビスが選出されてドワイト・ハワードが選出されなかったのはおかしいという。マグレディのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

茶番だ。

8年連続でリーグを支配したドワイト・ハワードがあのリストに相応しい。

アンソニー・デイビスのような男がリストに入っているのは信じられないね。

アンソニー・デイビスを軽視しているわけではない。

だが、レブロン・ジェイムスとチームメイトになり、レイカーズでNBAチャンピオンになるまでのアンソニー・デイビスを考えてみてくれ。

もしアンソニー・デイビスが今引退したなら、ドワイト・ハワードのキャリアより上なのか?

とんでもないね。

このリストに怒ることはできない。

トニー・パーカーはリストに相応しいと僕は思っている。

だが、リストに入るべき男が入っていなくて、入るべきではないと思う男が入っているんだ。

ハワードはオーランド・マジック時代にディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを3度受賞するなど、素晴らしいNBAキャリアを送っていた。

マジックをNBAチャンピオンに導くことはできなかったものの、ハワードの功績が忘れ去られることはないだろう。

NBAがどのような基準で75人を選出したのか分からないが、たとえ基準を明確にしたとしても、このような議論は永遠に続くに違いない。

なお、ハワードとデイビスのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

D・ハワードA・デイビス
出場試合数1196580
平均出場時間32.334.4
平均得点16.023.9
平均リバウンド12.010.2
平均アシスト1.42.3
平均スティール0.91.4
平均ブロックショット1.82.3
平均ターンオーバー2.72.0
FG成功率58.6%51.4%
3P成功率17.4%30.8%
フリースロー成功率56.6%79.8%
主な受賞歴ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー(3回)
オールスター出場(8回)
2020年NBAチャンピオン
2017年オールスターゲームMVP
オールスター出場(8回)
2020年NBAチャンピオン

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA