【スポンサーリンク】

チャンドラー・パーソンズが現役引退

チャンドラー・パーソンズが現役引退

元NBA選手のチャンドラー・パーソンズは、アトランタ・ホークスに所属した2019-20シーズン以降NBAから離れている。

そのパーソンズが、プロバスケットボール選手としてのキャリアを終えることを決断した模様。

パーソンズはSNSを通し、プロバスケットボールから引退することを発表した。

パーソンズはホークスにトレードされた後の2020年1月、交通事故に巻き込まれた。

当時のホークスはパーソンズが「脳震盪とむち打ち」と診断されたと発表したものの、パーソンズの弁護士はその後、椎間板ヘルニアなど複数の怪我を負ったことを追加発表した。

パーソンズは33歳の若さで現役を引退することになってしまったが、平穏な第2のキャリアを過ごせるように祈りたいところだ。

なお、パーソンズのNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームヒューストン・ロケッツ
ダラス・マーベリックス
メンフィス・グリズリーズ
アトランタ・ホークス
出場試合数440
平均出場時間30.1
平均得点12.7
平均リバウンド4.5
平均アシスト2.7
平均スティール0.9
平均ターンオーバー1.5
FG成功率46.2%
3P成功率37.3%
フリースロー成功率71.3%

【スポンサーリンク】

コメントを残す