【スポンサーリンク】

ネッツはカイリー・アービングの出場時間を減らすべき?

ネッツはカイリー・アービングの出場時間を減らすべき?

ブルックリン・ネッツのNBAスター、カイリー・アービングは、ニューヨーク市の規制が緩和されたことによりホームゲームにも出場できるようになった。

ネッツファンはアービングのホームゲーム復帰を待ちに待っただろうが、ネッツがNBAタイトルを獲得したいならアービングの出場時間を減らしたほうが良いのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ネッツはアービングが40分以上プレイした今季7試合で全敗しているという。

アービングのディフェンスはNBAトップクラスというわけではない。

だが、アービングはNBA史上最高のボールハンドラーのひとりであり、アービングのボールハンドリングとスコアリングはネッツにとって最も欠かせないオプションのひとつだ。

アービングがコートにいるといないとでは、NBAオールスターのケビン・デュラントにかかる負担にも違いが出るだろう。

とはいえ、ベン・シモンズの復帰が見込めず、セス・カリーも足首に問題を抱えている中、アービングの出場時間が増加するのは仕方のないことなのかもしれない。

なお、ニューヨーク市が規制を緩和すると報じられて以降のアービングのスタッツは以下の通りとなっている。

現地23日以降NBAキャリア
出場試合数6607
平均出場時間40.634.0
平均得点25.023.0
平均リバウンド2.33.8
平均アシスト6.75.7
平均スティール1.21.3
平均ターンオーバー2.82.6
FG成功率40.2%47.0%
3P成功率41.1%39.3%
フリースロー成功率95.5%88.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA