【スポンサーリンク】

マーカス・スマートがカイリー・アービングに嫌味?

マーカス・スマートがカイリー・アービングに嫌味?

ジェイソン・テイタム、ジェイレン・ブラウン、マーカス・スマートを中心としたボストン・セルティックスは、ポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレン時代以降初となるNBAファイナル進出を果たした。

これまでアイザイア・トーマスやカイリー・アービング、ケンバ・ウォーカーといったNBAオールスターポイントガードを擁しながらもNBAファイナルに進出することができずにいたセルティックス。

ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞したスマートは昨季の結果を受け、ポイントガードとしてより自信を深めたのかもしれない。

スマートは自身の価値について次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

僕は少しだけ証明したと思う。

「彼は真のポイントガードではない」という話を耳にしてきた。

彼らはスターポイントガードが必要だと言っていた。

かつての僕たちにはスターポイントガードがいた。

それなのにポイントガードではないと言われた男だけが彼らをNBAファイナルに導いたんだ。

スマートが言う「スターポイントガード」はトーマス、もしくはウォーカーの可能性もある。

だが、アービングがいた時のセルティックスに対する期待度を踏まえると、アービングを指していると見て良いだろう。

批判を称賛に変えたスマートは来季こそセルティックスをNBAチャンピオンに導くべく、シーズンを通してチームを牽引するに違いない。

なお、スマートの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数71520
平均出場時間32.329.8
平均得点12.110.5
平均リバウンド3.83.6
平均アシスト5.9
(キャリアハイ)
4.5
平均スティール1.71.6
平均ターンオーバー2.21.8
FG成功率41.8%38.2%
3P成功率33.1%32.1%
フリースロー成功率79.3%78.0%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    カイリーいなくても関係なくファイナルに行き続けたレブロン。
    レブロンがいないとファイナルに行けないカイリー。
    カイリーがいなくてもファイナルに進んだセルティックス。

    格付け完了

  2. By 匿名

    これアービングに対してかな?
    スターいないと勝てないと批判してた人達に対してに感じるけど

LEAVE A REPLY TO 匿名 CANCEL REPLY

*

CAPTCHA