【スポンサーリンク】

不調PJ・タッカーが不名誉なNBA記録を樹立

不調PJ・タッカーが不名誉なNBA記録を樹立

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのベテランフォワード、PJ・タッカーは、ディフェンスとアウトサイドシュートを兼ね備えたNBA屈指の選手のひとりだ。

現地22日に行われたブルックリン・ネッツ戦でもタフなディフェンスを見せ、シクサーズの勝利に貢献したタッカー。

だが、その裏で不名誉なNBA記録を樹立してしまった模様。

clutchpoints.comによると、現在4試合連続で無得点のタッカーは、出場時間の記録がスタートした1951-52シーズン以降、25分以上プレイし、かつ無得点の連続試合数記録を樹立したという。

だが、タッカーがこのNBA記録を気にすることはないだろう。

なぜなら、シクサーズはタッカーが無得点で終わったここ4試合で3勝をあげているからだ。

タッカーのタフなディフェンスは誰もが知るところであり、シクサーズにとって重要なディフェンスオプションとなっている。

タッカーはこれからも誇りを持ってディフェンスに取り組み、相手を苦しめるに違いない。

なお、タッカーのここ4試合のスタッツは以下の通りとなっている。

UTA戦MIL戦MIN戦BKN戦
出場時間30323337
得点0000
リバウンド1455
アシスト1213
スティール1103
ブロック0000
TO1220
FG成功率0%
(0/1)
0%
(0/1)
0%
(0/6)
3P成功率0%
(0/1)
0%
(0/2)
FT成功率
+/-+13+11+9+12

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA