【スポンサーリンク】

ディアンジェロ・ラッセルに不穏な動き?SNSでフォローからウルブズを外す

ディアンジェロ・ラッセルに不穏な動き?SNSでフォローからウルブズを外す

ミネソタ・ティンバーウルブズの元NBAオールスターポイントガード、ディアンジェロ・ラッセルは、延長契約を結ぶことができる。

だが、ウルブズがラッセルに延長契約をオファーする気配はない。

そのためラッセルにはトレードの噂が浮上しているわけだが、ラッセルもトレードされる可能性あると感じているのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ラッセルはインスタグラムのフォローからウルブズのアカウントを外したという。

https://twitter.com/twolves_brasil/status/1610671603418906626

ウルブズは昨年夏のトレードでNBAオールスターセンターのルディ・ゴベアを獲得したものの、ゴベアはフィットすることができず、ウルブズは現在17勝21敗、ウェスタン・カンファレンス11位にとどまっている。

それにも関わらずウルブズはゴベアを未来の重要な一員と評価しているというから、チームを劇的に変化させるならラッセルのトレードが不可避なのかもしれない。

まだ26歳と若く、ブルックリン・ネッツ時代にNBAオールスターに選出された実績を持つラッセルは、トレード市場において注目のひとりとなりそうだ。

なお、ラッセルの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数35459
平均出場時間32.929.7
平均得点17.017.6
平均リバウンド3.23.5
平均アシスト6.55.7
平均スティール1.11.1
平均ターンオーバー2.82.8
FG成功率45.8%
(キャリアハイ)
42.2%
3P成功率34.9%35.6%
フリースロー成功率84.2%
(キャリアハイ)
78.5%

【スポンサーリンク】

コメントを残す