【スポンサーリンク】

間もなく38歳のレブロン・ジェイムス「超一級の身体能力は必要ない」

間もなく38歳のレブロン・ジェイムス「超一級の身体能力は必要ない」

NBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスは、今月末に38歳になる。

最近は衰えを指摘する声も聞こえ始めているが、現地11月30日に行われたポートランド・トレイルブレイザーズ戦では6本の3ポイントを含む31得点、7リバウンド、8アシストを記録し、ロサンゼルス・レイカーズの勝利に貢献。

ジェイムスの偉大さを改めて実感したNBAファンは少なくないだろうが、若い頃の身体能力を失ったジェイムスによると、今の彼に秀でた身体能力は必要ないという。

ジェイムスは自身について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕のゲームは進化している。

効果的なプレイをするために超一級の身体能力に頼る必要はない。

キャリア最初の12年の僕には超一級の身体能力があった。

だが、効果的ではなかったし、バスケットボールゲームにダイヤルを合わせることができなかった。

ただ、僕はスマートだし、最高の選手になるためには自分のゲームを成長させなければならないと分かっていたんだ。

ジェイムスの引退が日々近づいているのは間違いない。

だが、37歳にしてNBAトップレベルのパフォーマンスを見せている選手は過去におらず、NBAレジェンドのジュリアス・アービングは以前、「彼は選ばれし者」、「彼はGOATの定義を再確立する」などと大絶賛していた。

果たしてジェイムスは何歳までNBAトップレベルのパフォーマンスを維持することができるのだろうか?

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数141380
平均出場時間35.338.1
平均得点25.827.1
平均リバウンド8.67.5
平均アシスト6.37.3
平均スティール1.11.6
平均ブロックショット0.70.8
平均ターンオーバー3.63.5
FG成功率46.8%50.4%
3P成功率32.4%34.6%
フリースロー成功率72.1%73.4%

【スポンサーリンク】

コメントを残す