【スポンサーリンク】

ポール・ピアースが50点以上ゲームの頻発を受け「この時代だったらもう少しスコアリングできた」

ポール・ピアースが50点以上ゲームの頻発を受け「この時代だったらもう少しスコアリングできた」

ここ最近のNBAでは40得点以上、50得点以上を記録する選手が続々と現れている。

クリーブランド・キャバリアーズのNBAオールスターガード、ドノバン・ミチェルに至っては71得点を挙げる驚異的なパフォーマンスを見せたほどだ。

そんな中、NBAレジェンドのポール・ピアースがこの状況に言及した模様。

ピアースによると、彼が今のNBAでプレイしていたらもっとスコアリングできたという。ピアースのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

50得点ゲームは僕のキャリアを通して1度しかなかった。

今の時代、今の傾向なら、おそらくもう少しスコアリングしていただろうね。

ピアースはNBAキャリアを通して平均19.7得点を記録。

3P成功率も36.8%と高く、3ポイント主体のゲームが多くなった今のNBAなら、確かにもっとスコアリングできるかもしれない。

だが、ピアースは現役引退後にさまざまな発言で物議を醸しているだけに、NBAファンの中でも賛否両論あるようだ。

ポールが引退したのは数年までじゃないか?

彼はどの時代のことを話しているんだ?

これを「ポールは話すことをやめるべきボタン」として使おう。

ポールがバスケットボールの話をすると、最後は彼自身の話に行き着く。

ポール・ピアースは(NBAの)トップ75リストに入っている選手だ。

ヘイトはやめろ!

事実、若い頃のポール・ピアースはポイントゲッターだった。

今日なら簡単に50得点だろう。

現在45歳のピアースがこの発言を証明することはできないが、これからも彼の自信が揺らぐことはないだろう。

ピアースのNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

NBAキャリア
出場試合数1343
平均出場時間34.2
平均得点19.7
平均リバウンド5.6
平均アシスト3.5
平均スティール1.3
平均ターンオーバー2.6
FG成功率44.5%
3P成功率36.8%
フリースロー成功率80.6%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    そんな気はするな確かに

  2. By 匿名

    基本OFにおいて出来ないこと無かったし、いまのゲームなら平均28点くらいは普通にいける

コメントを残す