【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデンがファンからの過小評価を受け「信用は必要ない」

ジェイムス・ハーデンがファンからの過小評価を受け「信用は必要ない」

NBAオールスターガードのジェイムス・ハーデンは、長いキャリアを通してNBAタイトルを獲得したことが一度もない。

ハーデンはヒューストン・ロケッツ時代に大きなチャンスを手にしたものの、NBA史上最強のチームだったゴールデンステイト・ウォリアーズに阻まれ続けると、その後トレードでブルックリン・ネッツに移籍。

NBAを代表するスーパースターのカイリー・アービング、ケビン・デュラント、ハーデンを揃えたネッツはNBAチャンピオン最有力候補の1チームだったが、主力選手たちの長期離脱もあり、ハーデンはまたしても悲願のNBAタイトルを獲得することができなかった。

そしてトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍。

しかし、多くのNBAファンはシクサーズをNBAチャンピオン最有力候補として見ていない。

だが、ハーデンによると、NBAチャンピオンを狙うにあたり、人々から信用される必要はないという。

ハーデンはシクサーズが過小評価されていることについて質問されると、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

信用は必要ない。

僕は本当に気にしていない。

人々は称賛したい人を称賛すると思う。

言っている意味が分かるかい?

彼らは称賛したい人を選んでいるようなものだ。

もし僕が評価されていないことに悪い感情を持っていたら、僕がやるべき100万個のことをやっていないだろう。

僕は自分にコントロールできることに集中している。

コートに出て自分の仕事をし、最高のジェイムス・ハーデンになるためにベストを尽くすだけさ。

ゲームにインパクトをもたらす方法はひとつだけではない。

だから、僕はゲームに足跡を残す方法を見つけようとしている。

スコアリングだろうと、ビッグマンたちを助けることだろうと、ファシリテーターになることだろうとね。

シクサーズはNBAオールスターのハーデンとジョエル・エンビードを中心としたチームだが、タイリース・マキシーやトバイアス・ハリス、ディアンソニー・メルトンなどスコアリングで貢献できる選手が多い。

そのためハーデンはロケッツ時代のように平均30得点以上を記録する必要はないだろう。

ハーデンには衰えを指摘する声もあるが、ハーデンはチームメイトたちを巻き込みながらシクサーズに勝利をもたらすに違いない。

なお、ハーデンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数24966
平均出場時間37.734.7
平均得点22.024.8
平均リバウンド6.35.6
平均アシスト10.86.9
平均スティール1.41.5
平均ターンオーバー3.53.8
FG成功率42.8%44.2%
3P成功率37.1%36.2%
フリースロー成功率86.6%86.0%

【スポンサーリンク】

コメントを残す