【スポンサーリンク】

マリク・ビーズリーのトレードに関心を持つNBAチームとは?

マリク・ビーズリーのトレードに関心を持つNBAチームとは?

現在24勝25敗でウェスタン・カンファレンス9位のユタ・ジャズは、現地2月9日のトレード期限までに主力選手たちを放出すると見られている。

シューターのマリク・ビーズリーもトレード候補のひとりだ。

では、現時点ではどのNBAチームがビーズリーに関心を持っているのだろうか?

heavy.comによると、マイアミ・ヒート、クリーブランド・キャバリアーズ、ミルウォーキー・バックス、ブルックリン・ネッツ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、ニューオーリンズ・ペリカンズがビーズリーに関心を持っているという。

ジャズはビーズリーのトレードの見返りにNBAドラフト1巡目指名権を要求すると見られている。

ヒートはダンカン・ロビンソン、ケイレブ・マーティン、NBAドラフト指名権、他の若手選手でトレードパッケージを組み、ビーズリーとケリー・オリニク獲得を狙うと噂されている。

キャブスは先日、アトランタ・ホークスを含めた3チーム間トレードでビーズリー獲得を狙うと報じられた。

一方、バックスとネッツにはすぐにトレードに含めることができるNBAドラフト1巡目指名権がないため、おそらくジャズの要求を満たすことはできないだろう。

なお、ネッツはセス・カリー、もしくはジョー・ハリスとのトレードでビーズリーを獲得することを望んでいるとされている。

ウォリアーズとペリカンズについては、ビーズリーに関心は持っているものの、積極的には追わないと見られている。

果たしてビーズリーを獲得するのはどのNBAチームなのだろうか?

ビーズリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2022-23NBAキャリア
出場試合数49385
平均出場時間27.121.7
平均得点13.710.8
平均リバウンド3.52.6
平均アシスト1.61.3
平均スティール0.8
(キャリアハイタイ)
0.6
平均ターンオーバー1.10.8
FG成功率39.9%42.5%
3P成功率35.8%38.1%
フリースロー成功率83.7%81.8%

【スポンサーリンク】

コメントを残す