【スポンサーリンク】

苦悩のグレッグ・オデン、NBA復帰なるか?

グレッグ・オデンは苦悩の歳月を過ごしている。

現役No.1センターの呼び声が高いのは、先日ヒューストン・ロケッツへの移籍が発表されたドワイト・ハワードだ。

オデンはハワードを凌ぐポテンシャルを有していると言われ、2007年のドラフトで大きな期待を背負ってポートランド・トレイルブレイザーズに入団。

しかし、開幕前に右膝軟骨再生のためにマイクロフラクチャー手術を受け、ルーキーシーズンを全休した。

2009-10シーズンにデビューを飾ったものの、膝の負傷が完治せず、2010-11シーズンは再び全休。
その後も膝が完治することはなく、2012年にウェイブされていた。

G・オデン ハイライトムービー①

 

そのオデンが、マイアミ・ヒートもしくはニューオーリンズ・ペリカンズへの入団を希望しているという。
実際にワークアウトに参加しており、今週中にはチームが決定する予定。

もしマイアミ・ヒートでNBA復帰を遂げ、膝の問題を感じさせずにプレイできれば、リバウンドに難があるヒートにとって大きな戦力になるだろう。

213cm、129kgの体格を誇る25歳のセンターが加わることで、スリーピートへさらに近づくことになるはずだ。

G・オデン ハイライトムービー②
グレッグ・オデン キャリアスタッツ
  • 平均9.4得点
  • 平均7.3リバウンド
  • 平均0.6アシスト
  • 平均1.4ブロック
  • FG成功率57.7%
  • FT成功率66.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA