【スポンサーリンク】

デイビッド・リー ニックスでのプレイに興味ありか?

デイビッド・リー

ゴールデンステイト・ウォリアーズのパワーフォワード、デイビッド・リーは、2016年にFAとなる。

リーと親しい人物によると、リーはニューヨーク・ニックスでのプレイに興味があるという。

今季は平均18.9得点、9.8リバウンド、FG成功率51.3%を記録しているリーは、日本時間1日の対ニックス戦で23分出場し、10得点、6リバウンド、2スティールを記録。
ステフェン・カリーのトリプルダブルの活躍もあり、ニックスに23点差で大勝した。

2005年のドラフトでニックスに加入したリーは、2010年にゴールデンステイト・ウォリアーズへサイン・アンド・トレードで移籍。
リーの放出は、アマレ・スターダマイヤー獲得へ向けてキャップスペースを空けるためだったと言われている。

ニックスは実際にスターダマイヤーを獲得するも、負傷などの影響もあり、満足行く結果を残していないと見るのが妥当だろう。

ニックスから価値がないとみなされたリーは、今やウォリアーズでダブルダブルマシーンとして活躍。
“たられば”の話になるが、ニックスのフロントは誤った選択をしたのかもしれない。

リーは当時をこう振り返っている。

「決まったことだったからね。それに、あの時はニックスがレブロン・ジェイムスを獲得しようとしてたんだ。ニックスを恨んでなんかいないよ」

「起きたこと起きたこと。ニューヨークでのキャリアにネガティブな考えは持ってないんだ。公開があるとしたら、ニックスを勝たせることができなかったということかな。でもニューヨークの街、ニューヨークで過ごした時間を今でも愛してるよ」

2011年、ニックスはNBA屈指のスコアラー、カーメロ・アンソニーを獲得した。

スターダマイヤーとのコンビでNBAタイトル獲得を狙うも、未だにうまく機能していない。

「もしリーがニックスに残っていたら」と考えるファンも多いだろう。

だが、今後アンソニーとリーのコンビが実現する可能性も十分にある。
もちろん、この夏にアンソニーがニックス残留を決めるならの話だが。

ニックスはアマレ・スターダマイヤーとの契約を延長しないと見られている。

そうなると、リーのニックス復帰も有り得る話になるはずだ。

D・リー ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA