【スポンサーリンク】

ロケッツのケビン・マクヘイルHC「ドワイト・ハワードをコーチできるのはジョアキム・ノア」

ジョアキム・ノア

日本時間14日、全米中継されたヒューストン・ロケッツ対シカゴ・ブルズ戦は、87-111でブルズが圧勝した。

勝利の原動力となったのは、オースルターにも選出されたジョアキム・ノアだろう。

ドワイト・ハワードをほぼ完璧に抑えてみせただけでなく、自身も13得点、10リバウンド、9アシストとトリプルダブル一歩前の活躍をみせている。

ロケッツのケビン・マクヘイルHCが試合後、素晴らしいパフォーマンスを見せたノアを称賛した。

「今季の彼(ノア)の活躍をみていると、彼こそがディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーにふさわしいんじゃないかな。ハワードをコーチできるのは彼だ。エネルギーがある選手だし、努力も怠らない。それにタフだよね。誰の目から見てもディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーにふさわしいと思うよ」

ハワードはこの試合で12得点、10リバウンドを記録するも、ターンオーバーは7。
マクヘイルは不甲斐なく終わったハワードを焚きつけるために、ノアを絶賛したのかもしれない。

ロケッツvsブルズ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA