【スポンサーリンク】

アイザイア・トーマス カール・マローンの肘打ちに今でも憤慨

アイザイア・トーマス

初代ドリームチームにユタ・ジャズのジョン・ストックトンが選ばれたことで、デトロイト・ピストンズでプレイしていたアイザイア・トーマスは落選した。

当時のトーマスはこれに憤慨し、ジャズとの試合で44得点を挙げている。

まさに「俺こそがドリームチームにふさわしい」と言わしめた活躍だったといえるだろう。

だがその翌月に再戦した際、ストックトンの相棒カール・マローンがトーマスに強烈な肘打ちを見舞った。

マローンには1試合の出場停止処分が下されたものの、トーマスは今でもマローンの肘打ちに恨みを持っているという。

「俺のバスケットボール人生で、あれほどターディーなプレイはなかったと思う。あれほど悪質なプレイを今まで見たことがない。なんで彼があんなことをしたのか今でも分からないよ。本当にひどかったんだ」

“俺の相棒が選ばれたんだから、お前がキレるな”ということをマローンは示したかったのだろうか。

トーマスの主張は、決して間違っていない。

もしやり返すなら、マローンではなくストックトンがすべきだろう。

トーマス23年たった今でも当時を思い出しては憤慨している。

肘打ちを食らったピストンズ対ジャズ戦

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA