ニックス ドラフトでディフェンシブプレイヤーの指名最優先か?

【スポンサーリンク】

フィル・ジャクソン

今季のニックスは、まさに最悪の時を過ごしている。

満を持して取り入れたトライアングルオフェンスは崩壊し、負傷者も数多く出てしまった。

現在のロスターで来季を戦うのは、非常に厳しいだろう。

そのため、ニックスの再起は今年のドラフトとFA市場にかかっていると言っても過言ではない。

どの選手獲得に動くのか注目される中、フィル・ジャクソン球団社長がチームの方針を示した模様。ジャクソン球団社長のコメントをESPNが伝えている。

 

「我々にはディフェンダーが必要だ。我々に必要なのは、タイソン・チャンドラーのようなディフェンシブなバックアップ。近年のバスケットボールではスクリーン&ロールが多用されてるし、たくさんの3Pシューターがいる。サイズのあるプレイヤーでも3Pを打たないといけなくなってきてるからね」

「ペイント内のカバーやリム周辺だけでディフェンスするんじゃなくて、外でもディフェンスしなければならない。だから、ディフェンス能力があるってことは本当に重要なんだ」

ドラフトでどの選手を指名するか注目されているニックスだが、ジャクソン球団社長の言葉を額面通りに受け取るのであれば、ディフェンス能力に定評のあるカール・アンソニー・タウンズが最有力と言えるだろう。

また、FA市場においてもディフェンス能力のある選手との契約を重視すると予想される。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA