ジェリー・コランジェロ デリック・ローズのオリンピック不参加を認める

【スポンサーリンク】

ラスベガスでは現在、来年のリオオリンピックへ向けたチームUSAのミニキャンプが開催されている。

チームUSAのチェアマンを務めるジェリー・コランジェロは先日「リオオリンピックにチームUSAのメンバーとして出場したいなら、ミニキャンプに参加しなければならない」と発言していたが、昨年夏のFIBAバスケットボール・ワールドカップにチームUSAのメンバーとして出場したデリック・ローズは、今回のミニキャンプ参加を辞退。

これにより、リオオリンピックに出場する可能性もほぼ消滅したようだ。コランジェロのコメントをthe Chicago Tribuneが伝えた。

「私はここ(ミニキャンプ)への参加を義務付けてた。私は自分が言ったことを守らなければならない」

「私はデリックの大きなファン。彼が加わった当初、本当に嬉しかったんだ。彼の怪我は残念だった。でも、私は彼の決断を尊重するよ」

コランジェロのこの発言により、ローズのリオオリンピック参加はほぼ絶望と見て良いだろう。

とはいえ、確定ではない。

クリス・ポールやステファン・カリー、ラッセル・ウェストブルック、カイリー・アービング、ジョン・ウォールら今回のミニキャンプに参加しているポイントガードを2015-16シーズンで上回ることができれば、チームUSAに召集される可能性はある。

だが、それは難しいかもしれない。

少なくともMVPレベルでのパフォーマンスは不可欠だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA