グレッグ・ポポビッチHC「シュートアラウンドは無駄」

【スポンサーリンク】

サンアントニオ・スパーズを常勝軍団へと仕立て上げた名将グレッグ・ポポビッチHCは、長年のヘッドコーチキャリアで独自の理論を築き上げてきた。

そのポポビッチHCにすれば、シュートアラウンドの時間は無駄なようだ。

ポポビッチHCによると、無駄にシュートアラウンドの時間を過ごすより、その時間をフィルムセッションに費やしたほうが効率的だという。ポポビッチHCのコメントをthe Orange County Registerが伝えている。

「(試合前のシュート)どの組織においても習慣になってるよね。やらないと反抗的に捉えられるし、仕事をしてないと思われる。オーナーによっては『なんでシュートアラウンドをやってないんだ?君が若いコーチなら、シュートアラウンドはやらなきゃいけない。やらなきゃいけないことだからね』と言うだろう。その半分はたわごとであって、時間の無駄だよ。シュートアラウンドは役に立たない」

「我々のフィルムは短いし、焦点を絞って具体的に支持する。毎回フィルムセッションでコーチングクリニックを開催するなんてできない。だけど、ピック&ロールのディフェンスやディフェンスの切り替え、ボールをシェアする方法などを指示するなら、ほとんどのプレイヤーにとって意味あることになる。それが我々のやり方なんだ」

徹底的に無駄を排除し、より効率的に進めていくことを信条としているのだろう。

シュートアラウンドを行わないことにより、選手たちはより休息に時間を充てることもできる。

スパーズのシステムはこれからのスタンダードになっていくのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA