クリスタプス・ポルジンギス「ニューヨークを愛してる」

【スポンサーリンク】

オールスターフォワードのカーメロ・アンソニーをトレードで放出したニューヨーク・ニックスは、クリスタプス・ポルジンギス中心のチームに生まれ変わった。

だが、ポルジンギスがニックスでプレイし続けることは保証されていない。

再建期が長く続き、フロントオフィスとの間に強固な信頼関係を構築できなければ、他チームへの移籍を検討する可能性もあるだろう。

そんな中、ポルジンギスの兄は先日、「契約の決め手は、金銭だけじゃない」と発言。

ポルジンギスの去就に一気に視線が注がれることとなったが、ポルジンギスは兄の発言を受け、次のようにコメントした。the Daily Newsが伝えている。

「(ファンは)俺がニューヨークにいるってことを知っててくれ。俺はニューヨークを愛してる。長い間ニックであることを俺は見てるんだ」

ポルジンギスを中心とするニックスは、ここ6試合で5勝をあげ、調子を上げてきている。

プレイオフに進出できるかはまだまだ分からないが、ポルジンギスは最高のパフォーマンスを続けてくれるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA