【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHC「課題はオフェンシブリバウンド」

ゴールデンステイト・ウォリアーズは多くの主力を欠いた状態でプレシーズンを戦っている。

中でも痛手となっているのが、ビッグマンたちの負傷離脱なのかもしれない。

ウィリー・コーリー・ステインとケボン・ルーキーを欠くウォリアーズは、プレシーズンのオフェンシブリバウンドでワースト2位にとどまっているという。

この問題について、ウォリアーズのスティーブ・カーHCは次のように指摘。clutchpoints.comが伝えている。

「エキシビジョンバスケットボールに37チームが参加してるよね。NBAチームが30と、インターナショナルチームが7チーム。我々はオフェンシブリバウンドで36位だ。自信がある。我々がボックスアウトをすれば、(マッカビ・)ハイファと上海シャークスは上回れるだろうね」

ディフェンス面ではドレイモンド・グリーンに多くの負担がかかっており、2人のビッグマンが復帰するまでの間はマーキース・クリスにさらなるステップアップが求められるだろう。

開幕前から負傷離脱者が相次ぎ、苦しい時間が続いているウォリアーズ。

プレシーズンの間にボックスアウトを徹底し、チームの底上げにつなげたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA