【スポンサーリンク】

アンドレ・ドラモンド アボカドでアレルギー反応

デトロイト・ピストンズは先日、ダラス・マーベリックスと対戦するためにメキシコシティを訪れた。

普段は訪れない場所ということもあり、アンドレ・ドラモンドは食事に最新の注意を払っていたという。

だが、ディナーのために訪れたレストランでトラブルに見舞われてしまったようだ。

アボカドにアレルギーがあるというドラモンドはメキシコシティでのディナーを振り返り、次のようにコメント。The Detroit Newsが伝えている。

「レストランに行って、セビチェ(魚介類のマリネ)を頼んだんだけど、セビチェには一般的にアボカドが入ってることを知ってた。だから、(アボカドが入ってないか)女性に4回尋ねた。友人がスペイン語を話せたから、彼からも尋ねてもらった。食事を運んでくる前に、彼女は『アボカドは入ってませんよ』と答え、俺は『間違いない?』と確認したんだ」

「食事が運ばれてきたんだけど、俺の皿は緑色だった。そして友人にこう頼んだんだ。『皿が緑色だけど、本当にアボカドは入ってないか彼女にもう一度聞いてみてくれ』とね。彼女は『入ってませんよ』と答えた。それを聞いてから食べ始めたよ。そして残り少なくなって皿の底を見ると、大きなアボカドがあった。3分か4分後だったかな、喉が締まり始め、かゆみが出てきて、涙が出始めたんだ」

アレルギー反応が出たため、ドラモンドの出場ステータスはクエスチョナブルに。

だが、不幸中の幸いか大きな問題にはならず、メキシコのファンの前で23得点、15リバウンドのパフォーマンスを見せた。

ドラモンドは今後、セビチェを注文した際は皿の隅々まで確認してから食べることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA