【スポンサーリンク】

エバン・フォーニエ「ジェイムス・ハーデンに敗れた」

オーランド・マジックは現地13日、ジェイムス・ハーデン擁するヒューストン・ロケッツに23点差で敗れ、連敗を3とした。

マジックは強豪ロケッツ相手に途中まで善戦したものの、ハーデンに10本の3Pを含む54得点を許して敗戦。

この結果を受け、ベテランガードのエバン・フォーニエはロケッツではなくハーデンひとりにやられたと感じているようだ。

フォーニエはロケッツ戦を振り返り、次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「俺たちはただ彼(ハーデン)に敗れた。俺はそう感じてる。彼は理由があるからMVPなのさ。試合前、俺たちは彼がショットを撃ってくること、結果を受け入れることについて話をしてた。ただ、彼は外さなかったんだ」

ハーデンはマジック戦で54得点、5リバウンド、7アシスト、2スティール、3ブロックショットと大暴れ。

また、NBA史上2人目となる2試合連続で10本以上の3Pを決めたプレイヤー、さらにNBA史上初となるバック・トゥ・バックの2試合連続で50得点以上、3P10本以上を決めたプレイヤーとなった。

今季のハーデンはひとつ上のレベルでプレイしていると言えるであろう。

だが、最も重要なことはNBAタイトルを獲得することだ。

レジェンドのコービー・ブライアントは以前、「ハーデンのスタイルではタイトルを獲得できない」と指摘したが、ハーデンはブライアントの評価を覆すことができるだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA