【スポンサーリンク】

ニックス ディアンジェロ・ラッセルのトレードでケビン・ノックスをオファー?

再建中のニューヨーク・ニックスは、オールスタークラスのポイントガード獲得を狙っていると噂されている。

そのターゲットとなっているのが、ゴールデンステイト・ウォリアーズのディアンジェロ・ラッセルだ。

実績あるラッセルを獲得できるのであれば、ニックスは若手有望株を放出する用意があるのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ラッセル獲得を狙うニックスは、ウォリアーズにケビン・ノックスとトレード要員としてオファーしたという。

ニックスはノックスに加え、センターのミッチェル・ロビンソンも交渉材料に用いた可能性があると報じられている。

ウォリアーズは先日、ダラス・マーベリックスとのトレードでセンターのウィリー・コーリー・ステインを放出。

これによりインサイドが手薄となったため、少なくとも今年夏までにビッグマンを加えると予想されている。

だが、ニックスがラッセルを獲得するのは難しいかもしれない。

ラッセルにはミネソタ・ティンバーウルブズへのトレードが噂されていたものの、ウォリアーズはウルブズのオファーを拒否。

3月に復帰予定であるステフィン・カリーとのコンビネーションを確認することを優先すると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA