【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「意味がないタトゥーはない」

ロサンゼルス・レイカーズのスーパースター、アンソニー・デイビスは、レジェンドのコービー・ブライアントの急死を受け、ブライアントのロゴとブラックマンバをモチーフにしたタトゥーを彫った。

デイビスはいつもインナーを着用してプレイしているため、右足の大腿部に彫ったタトゥーをコート上で見ることはできないであろう。

だが、デイビスは毎日タトゥーを見て、ブライアントの影響を感じるに違いない。

デイビスはタトゥーについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「タトゥーはすべてスペシャルなものだ。俺のタトゥーに意味がないものはない。コービーが俺にとってどれほど意味ある存在だったかを知るためにある。彼が俺の人生とバスケットボールキャリアに与えたインパクトを感じる。彼を忘れないためにタトゥーを彫ったのさ」

デイビスは長きにわたってレイカーズを牽引していくであろうスーパースターだ。

ブライアントのような偉大なキャリアを送るのは簡単ではないが、ファンはデイビスに大きな期待を寄せ続けるであろう。

まずは今季、レイカーズをタイトル獲得へ導き、王朝の礎を築いてもらいたい。

なお、今季のデイビスは44試合に出場し、平均34.6分のプレイで26.5得点、9.2リバウンド、3.3アシスト、1.6スティール(キャリアハイタイ)、2.4ブロックショット、FG成功率51.8%、3P成功率31.5%を記録。

キャリアを通してニューオーリンズ・ホーネッツ/ペリカンズとレイカーズでレギュラーシーズン通算510試合に出場し、平均34.6分のプレイで24.0得点、10.4リバウンド、2.2アシスト、1.4スティール、2.4ブロックショット、FG成功率51.7%、3P成功率31.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA